snipe1

METAZEALOT

LIKE ATTRACTS LIKE

February 1st – 29th, 2020

Los Angeles, CA

PRESS RELEASE

RSVP

snipe1 is no longer able to enter the United States. After 20 years of being banned, he has found a new way to be a present force in the US. Avenue des Arts is proud to present METAZEALOT, snipe1’s first solo exhibition in the US. snipe1 sees himself as a zealous person, and uses this series of works to call upon others like him to push the limit and show up to an exhibit that he, himself, cannot attend.

Using only spray paint for all of his pieces, snipe1 combines his style of graffiti, anime, and traditional Japanese painting from the Edo period. Some of his pieces depict Graffiti Yokai, or strange apparitions, lurking about and tagging trains and streets—fusing traditional Japanese folklore with the realities of modern graffiti artists. He also contrasts his grunge spray methods with cute Japanese characters and vibrant colors.

Although graffiti is rebellious in nature, snipe1 has found a loophole to spread his graffiti philosophies. The sheer presence of these 16 paintings are challenging the authorities that barred snipe1 from reentering the United States.

90年代初頭にニューヨークでグラフィティに出会って以来、エアロゾール一筋、それ故に現 在もアメリカに入国できないアーティストsnipe1。入国を拒否されてから20年が経ち、彼は今 、新しい道を見つけ、その勢力を拡大しています。Avenue des Artsは、snipe1の米国初の個展 「METAZEALOT」を開催できることを誇りに思っています。snipe1は今回の一連の作品を通し て、彼自身、そして彼と同じような境遇に在る人々の限界を押し上げたいと、遠く離れた日本 からその熱が届くような作品を描き上げました。

すべての作品はスプレーのみを使用し、グラフィティやアニメ、そして江戸時代の伝統的な日 本画のスタイルを組み合わせて描かれています。snipe1の作品の中に多数登場する妖怪や奇妙 な幻影たちは、電車やストリートに潜んであちこちタギングし、伝統的な日本の民話と現代の グラフィティアーティストの現実を融合させています。そしてまた彼は、独特のグランジ的な スプレー使いによって、日本のかわいいキャラクターや鮮やかなカラーリングのコントラスト を際立たせています。

グラフィティは本質的に反抗的ですが、snipe1はグラフィティの哲学を広めるための抜け穴を 見つけました。これら16枚の絵画の存在は、snipe1が米国に再入国することを禁じた当局に挑 戦しているのです。

Avenue des Arts